プロフィール

【MEGU Adawas (メグ・アダワス)】

 

青森県八戸市出身、東京学芸大学卒.

大阪府在住。小学時代は合唱・器楽部、中高時代は吹奏楽部でフルートを担当し、幼少のころから音楽に親しむ。

1990年より海外生活5年間の帰国後、英語の響きと音楽好きが高じて次第にジャズに夢中になる。

2005年より、社会人ビックバンド所属し、各イベントに出演。

2007年より自己ライブ活動開始。

2010年、2015年に渡米し、バリーハリス、ジェイ、クレイトンなどのワークショップや、セッション等に積極的に参加する。

国内では、橋本有津子氏、フィリップ・ストレンジ氏にジャズ理論、宇根崎緑氏にvocalを師事。

2011年岡崎ジャズボーカルコンテストファイナリストに選ばれる。

2014年 故郷東北に思いを寄せる「MEGUのじゃじゃじゃJAZZ」ファーストCDをリリース。念願の東北被災地ツアーを果たす。

2015年 ジャズボーカリストの登竜門でもある「神戸新開地ジャズボーカルクイーンコンテスト」に全国多数応募の中、ファイナリストに選ばれる。

同年、多数の有名ミュージシャンを出しているアメリカボストンのBarklee College Online(通信教育)コースにて、Jazz Voice,Basic Improvisationコースを優秀な成績で修了。

2016年、地域貢献の一環として、住居の泉大津市に江戸時代から伝わる盆踊り「大津音頭」の音頭とり(唄い)を継承。

2017年「神戸新開地ジャズボーカルクイーンコンテスト」にジャズコーラス「Southern All Sisters(3人)」のリーダーとして、2018年 再び神戸新開地ジャズボーカルクイーンコンテストのファイナリストに「MooN Voices」(Naokoとのツインボーカル)で選ばれ、アレンジ、演出、ハーモニー作りに高い評価を得る。

英会話サークル「Let's Chat」代表、Singlish(Sing&Engish)~英語の歌の教室開催、ボイストレーナー、ラヂオきしわだ「MEGUのじゃじゃじゃJAZZ」のパーソナリティー、ジャズコーラスグループ「サザンオールシスターズ」、ツインヴォーカル「MooN Voices」のリーダーとマルチに活動。

ソウルフルで、癒しのボイス、大人のJAZZと、楽しいおしゃべりが評判のジャズシンガーである。

       【好きな言葉】

  • Never too late, never too early.
  • Look on the bright side.
  • 小さなことを重ねることが,とんでもないところにいくただ一つの道と信じている       ~イチロー語録より~
  • 成功より成長!